営業が会社を決める

会社が業績をあげ、成長するのにあたり、必要不可欠な「営業」。
ほとんど全ての会社に営業は存在します。どんなに良い商品が作れても、営業が売ってこなければ、企業の業績は上がりません。
営業が会社の業績を決めるといってもいいでしょう。
具体的な例をあげてみましょう。
商品力は抜群に良いが、営業が弱いA社。商品力はさほど高くないが、営業が抜群に強く、どんな商品も売れるようなスーパースターを数多く抱えるB社。
一概にどちらが良い、強いとはいえませんが、B社の方が業績は高いといえるでしょう。

営業力を高めるには、研修を行うことが大事です。
研修では、事前準備やアプローチ、ヒアリング、プレゼンテーション、クロージング、日報の書き方、日報の意義など、基本的なことから応用的なことまで学ぶことができます。
業績アップには研修で日報を書くことが欠かせないともいわれております。日報の書き方を専門で学ぶ研修も存在します。
事前準備研修はその名の通り、事前に何を行うべきかということを学びます。
自社の商品の強みや特徴をしっかりと理解することからはじまります。その強みが他社よりも強ければ、それは十分な武器になります。
自社の商品について知ることができれば、次は競合他社について調べる必要があります。
あらゆる分野において、同じ商品を提案している企業が存在することが多いでしょう。もし競合他社がいないのであれば、独占市場となります。そうなると、商品は高値で売れるので、企業にとってはとても嬉しいことでもあります。
さて、競合他社の説明に戻りましょう。競合他社を調べる際は、相手の強みや課題、サービス、料金について調査します。
そこで競合他社と比較した結果、改めて自社商品について知ることになるでしょう。それらと比べて、何が強くて何が弱いか、よりいっそう理解が深まるでしょう。

イチ押しリンク

営業向けの研修・コンサルティングなら|営業力強化.com
営業力を高める営業セミナーの情報は「わくわく営業法」
営業成績の向上は人材育成の充実から|ソーシャル・アライアンス株式会社